―私は君のために、君は夢のために、
いつまでも泳ぎ続ける。







水泳が私たちを繋いでくれるから、
1人じゃないって知ったから。
だからもう、大丈夫。

あらすじ

水泳が大好きな七瀬 叶波。
中学の頃に、同じ想いをもつ青井 立夏と出会う。そこから2人でずっと一緒に泳ぐようになり、お互いに刺激し合いながら成長する日々を送っていた。しかし、ある時のタイム測定をきっかけに叶波が水泳をやめることに。2人は離れ離れになるが、高校で再会して、叶波は立夏の泳ぎの調子が悪いことを知り―
揺れ動く叶波の思い、立夏から告げられた1つの夢。そして2人が向かう先は―

この作品のキーワード
共依存  水泳  三角関係  青春  溺愛