「社長、すみませんが、お車の準備で少しお待たせしそうです」

「わかりました」

秘書の片岡に申し訳なさそうに言われ、足を止めた。まあ、そんなにかかることはないだろう。そのままオフィスには戻らず、7階のフリースペースへ向かった。


入口に差し掛かったところで、一人の女性が目に留まった。
自分より、だいぶ年下だろうか。色白で綺麗な肌、真っ黒で傷みのなさそうなサラサラな髪。すらっとしたスタイル。思わず目を奪われてしまう整った容姿。

彼女はここで何をしているのだろうか?

「ここだよね……」
「もういるかしら?」
「どうしよう……」

小声でそんなことを呟きながら、暫く付近を行ったり来たりしていた。
その様子が、なんだかおかしくて、愛らしくて……

車もまだかかりそうだし、何か困っているのか声をかけようとしたその時……

「よしっ!!」

彼女は背筋をしゃんと伸ばして気合を入れると、別人のような顔付きで、堂々と入っていった。