夫婦としての儀式とでもいうのだろうか。
初めての夜を迎えてからというもの、私達の精神的なつながりは確実に強くなり、2人の距離はますます近付いた。

蓮が隣にいることはすっかりあたりまえになっていて、新居での生活も順調だ。


「桃香、次の週末におじいさんから食事の誘いがあったんだけど行ける?」

蓮が幸太郎のことを〝おじいさん〟と呼んだということは、プライベートな顔合わせなのだろう。

「大丈夫だよ」

「じゃあ、予定に入れておいて」

本当は入籍前にお会いしたかったけれど、幸太郎は多忙な人だから仕方がない。




約束の日、すっかり秋めいてきた季節に合わせて選んだネイビーのワンピースに身を包んで、幸太郎の自宅に向かった。
都心から少し離れたところにあるお宅は、庭も建物もとにかく広くて、まるで明治時代の洋館を彷彿させるデザインだった。まさしく〝ハイカラ〟という言葉が似合いそうだ。


呼び鈴を鳴らすと、家政婦の咲枝が出迎えてくれた。
一体、この豪邸には何人の家政婦さんがいるのだろうか?考えるだけで怖くなってくる。
これから対面するのは、それぐらいすごい人なのだ。


玄関には私達以外にも来客があったのか、男性もののカジュアルな革靴があった。

「咲枝さん、誰か来てますか?」

「ええ。真人さんがいらしてるんですよ」

真人さん?誰だろうと蓮を見上げると、意外なことに彼はわずかに顔をしかめていた。こんな表情をするのはかなり珍しい。

「蓮さん、真人さんって?」

「あっああ。従兄弟だよ。母の兄の息子にあたる人」

「へえ。じゃあ、挨拶をしないとね」

「そうだね」

声をかけたものの、どう見ても蓮は乗り気じゃなさそうだ。
何かあるのだろうか?
それっきり、蓮は口を閉ざしてしまった。