わたしの好きな人は。






「…邪魔」




「うるさ」







あだ名、冷徹王子。







そんな彼に、好きになってほしくて。




あることを決行していたりする。






それは―。






彼―尾上唯くんを、落とそう大作戦。











∞----------------------∞



明るくポジティブすぎる『残念美少女』
御山桃子(TokoMiyama)

×

誰にでも冷たい『冷徹王子』
尾上唯(YuiOgami)




∞----------------------∞






「唯くんってわたしのこと好きだよねっ?」

作戦0。


実はわたしのことが好きだと思わせる、

はじめっからの強硬手段。



「…勝手に言っとけ」





「もうネタ切れだから付き合おーよー?」

なかなか落ちてくれない冷徹王子。


「適当になってんぞ」




それがですね。



どこか、彼の様子がだんだんおかしいんです。




「調子乗ってたら食うから」






「お前のこと、好きかもしんない」






わたし、ついに知ってしまったんです。



彼の、ホントの素顔を。





.


.



唯sideの番外編、
追記いたしました!
お時間の許すかぎり、読みきっていただけると嬉しいです(ˆᴗˆ)♡


.


この作品のキーワード
冷たい  意地悪  胸キュン  天然  美少女  素顔  甘々  溺愛  高校生  純愛