「マロン、ご飯だよー」



あたしは、最近家族になったばかりのハムスター・マロンに餌をあげた。



「ゆりあ、マロンに餌やり終わった?」



キッチンから、ママが話しかけてくる。



「うん」



「そう、じゃあゆりあもご飯食べて」



「はーい!」



あたしは、テーブルに置かれてある目玉焼きが乗ったトーストにかぶりついた。