寂しそうな瞳に惹かれたのは確かで、それをわたしがどうにかしたかった。

心に抱えている何かを誰にも言えなくても、わたしにだけは自分を見せてほしいなんて。

そんな特権意識っていうか、誰にも靡かないあの人の特別になれたらって思ってた。



彼は優しくて、でも心は冷たくて。


核心には触れさせてくれない。










《この物語はサイトに合わせて表現を多数カットしてあります。カット部分は他サイトでお楽しみ下さい》



《BorderColorファンの方へ
OB達の出演は、主に後半とスピンオフになります⭐》


あらすじ

異動で初めて一緒に仕事をすることになった上司は、何か秘密を抱えていた。
彼と付き合うことになったわたしは、その苦悩に巻き込まれて行く。

この作品のキーワード
恋愛  純愛  大人  切ない  OL  秘密  すれ違い  過去