「優子、結婚おめでとう」

「ありがとう、桃。あなたの結婚式にはぜひ呼んでね」


 一月某日、都内の神社での神前式。

 白無垢姿で花婿と見つめ合う親友が、とても眩しく見える。にこりとした彼女に、ぎこちなく頬を緩めて頷いた。

 二十六歳の私、天沢 桃(あまさわ もも)は、将来の結婚に向けて、そろそろ旦那候補と出会っておきたい年頃だ。

 同い年で親友の優子も、就職を機に出会った彼と四年付き合ってゴールインをした。

 きっと、誰かの隣で幸せそうな顔をする自分がリアルに想像できないのは、少なからず家柄を足かせに感じているからだろう。

 私の生まれた天沢家は、江戸時代から両替商を開業して日本経済を動かしてきた大財閥だ。

 現在は銀行や車、電子機器まで手広く事業を展開し、様々な企業と業務提携を行なっている。

 特に両親は家柄をたいへん重視していて、友人関係についても口うるさく言われてきた。現に、高校時代からの親友である優子も漣(さざなみ)ホールディングスの一人娘だ。