襟元に手を伸ばされ、びくりとした。少しだけ屈んだ彼は、丁寧に半衿(はんえり)を整えてくれる。

 距離を詰めた彼からほのかに甘い香水の匂いがして、胸が鳴った。


「良い着物ですね」

「これは母から譲り受けたものなんです」

「へぇ、それは素敵だ。大切に手入れをされているのが分かります。綺麗な桃で、とても好きだな」


 名前を呼ばれたわけではないのに、ドキンとした。襟の乱れを直した彼は、離れるとにこやかに目を細める。


「あっ、ありがとうございます」

「いいえ。では」


 交わした会話はたった数回。

 それでも、なぜだかそのやりとりが特別に思えて、遠ざかる背中を目で追ってしまう。

 穏やかで誠実そうな人だった。あんな人と恋ができたら……ううん、そんな都合のいい話があるわけない。

 でも、もしも許されるのなら、一度でいいから好きになった人と燃えるような恋がしたい。恋情に身を任せて、心から愛する人の胸に飛び込みたい。


「本当、夢みたいな願い事ね」


 ぽつりと呟いた独り言が、やけにむなしかった。