「お母さん、今なんて?」

「さっきから何度も言っているでしょう、桃。あなたのお見合いが決まったの」


 優子の結婚式から一週間が経った頃、突然突きつけられた話に愕然としていた。見合い話なんて、寝耳に水だ。


「お相手は老舗呉服店、美澄屋(みすみや)の跡取り息子よ。こんな絶好の機会はないわ」

「まさか、受けたの?」

「当然じゃない。お父さん達も喜んでいたわ。こんなに優良な相手は他にいないって」


 信じられない。私の了承を得る前に、勝手に話が進んでいたなんて。

 美澄屋は和服にあまり馴染みがない私でも聞いたことがある。

 大正十年創業の老舗呉服店で、都心の一等地に本店を構え、今では全国展開をして多くのデパートにテナントを出している大手だ。

 名の知れた家の跡取り息子は、まさに両親らが待ち望んだ逸材である。

 だが、顔も知らない男性と見合いをさせられるなんて、なんとも受け入れ難い話だ。