おそらく、たかが見合いといえど、天沢家の人たちは断る選択肢など思い浮かべていないだろう。

 昔から、娘の意思など聞いてくれたためしがない。

 このままじゃ、本当に結婚させられる……!


 気付けば、家を飛び出していた。

 向かったのは、地元の最寄駅から電車を一本乗り換えたところにある会員制のバーだ。

 限られた人しか入れない社交場で「ここなら、桃もいい出会いがあるんじゃない?」なんて優子と登録した店にひとりで来ている。

 しかも、見合いが決まった当日に。


「お客さま、おひとりですか?」

「は、はい」

「よろしければ、カウンターへどうぞ」


 こんなところに通った経験がないのが丸わかりだ。

 パールホワイトのシンプルなトップスに薄いカーディガン、ミントグリーンのシフォンスカートという装いは、バーに来るには少し地味だった。

 だけど、着飾って出かけられる心境ではない。とにかく、あの家には居たくなかった。

 ひとりになれる場所で慣れもしないお酒を飲んで、すべてを忘れてしまいたい。