秘書室で説明と言っても、既に把握している遥。
本日の副社長の予定を確認し、副社長室に戻った。

「副社長、本日の予定を確認させていただきます」

「ああ」余りにも淡々と仕事を熟す遥に呆気に取られる。

「10時より、社内大会議室にて副社長よりご挨拶をしていただきます。収容人数に限りがありますので、各部署役職者が出席、その他は各部署にあるモニターに流される事になっております」

「ああ」

「13時より1時間毎に各部署の現状報告会議があり、18時終了予定になっております」

「ああ」

「何か質問はございますか?」

「いや」

「では、時間にお迎えに上がります」
と遥は出て行った。

残された翔は、ポカンとしてしまう。

出社初日なのは、翔も遥も一緒のはずが、遥の落ち着きとベテラン感に驚く。

さすが西園寺カンパニーと言うべきか。
色目を使われるのは嫌だが、こんなに興味を持たれないのも初めてで戸惑う。

翔が遥に興味を(いだ)いた瞬間だった。