その後、資料に目を通しているといつの間にかお昼になっていたらしい。

遥がお弁当を手にやってきて、応接セットにテキパキとお茶と共に準備し出て行く。

ポツンと残された翔。

構われたい訳じゃないが、なぜか寂しく感じる。

お弁当を食べ終わったタイミングで、見ていたかの様に現れ片付ける遥。

時間になると資料と共に連れられ、会議室へ。

見事に時間通り進めれ、18時ちょうど。

「副社長、本日の業務は終了致しました。他に何か御座いますか?」

「いや」

「それでは、私はこれで失礼させていただきます」

「ああ。お疲れ様」

遥を見送るしかなかった。

そして、驚くのが最後の会議以外は、しっかり会議内容が纏められ翔のデスクに置かれていた。

もう、翔が本日する事がないようになっていたので、このモヤモヤを解決すべく夕輝を呼び出すのだった。