オフィスビル55階会員制のバー。

まだ、18時過ぎと早い時間で人は少ない。

会員になるにも審査がある為、セレブが集まるバーは、落ち着ける雰囲気だ。

知り合いの御曹司や経営者と顔を合わせる事もあるが、暗黙の了解でお互い声を掛ける事はない。

そんなバーのカウンターで、ビールを飲みながら何やら悩んでいる様子の男の後ろ姿。

夕輝は、親友の珍しい姿に笑いが込み上げる。が、グッと我慢する。

「お待たせ」

「ああ。夕輝お疲れ」

「翔、今日が初日だろ?仕事の鬼は深夜まで仕事だと思ってたから、こんな早い時間に連絡がきてビックリした」

「俺も驚いてる。秘書が優秀過ぎて、普段なら自分がしてるはずの仕事が終わってた…」

「プッ何それ」

笑う夕輝に今日一日の出来事を説明した。