パーティーは盛り上がり、終了後は二次会として上の会員制ラウンジが用意されている。

遥は公造と悠里と共に、パーティー会場を後にする人々を丁寧に見送る。


翔達3人は、一足先にバーへ来ていた。

「それにしても、驚いた」と夕輝。

「ああ」

「俺も~まさか遥と悠里だったなんて」
翼が下の名前で呼んでいる事が面白くない翔は無意識に翼を睨む。

「で?翔はどうなんだ?」

「何が?」

「遥ちゃんの正体を知って」

「関係ない。西園さんは西園さんだ」

「ププッ。兄さん、早く下の名前で呼べるようになるといいな」

「煩い!」

「それにしても、あの勘違い娘凄かったな」

「ププッ、自己中にも程がある。兄さん災難だったな」

「だな。院長が気の毒だ」

「にしても、地味メガネの遥ちゃんが美女で驚いた!何?あの美人さん。反則」

「でも学生の時は、美人過ぎて近寄れないって男共は言ってたから、兄さんある意味良かったな。けど、社会人の今、自意識過剰の男が現れるかも知れないから、兄さん気をつけて」

「ああ」