ついに梓と本当に入籍してしまった。
そして、今日、彼女が新居に越して来る。
知り合いのインテリアコーディネーターに頼んだ家具や調度品はシックで部屋の内装とマッチして、ひと目で気に入った。

俺が気に入っても、梓は気に入るかどうかが心配だ。
最近の俺の行動は梓中心に回っていた。

俺は愛車のSV車で彼女の自宅までひた走った。

自宅前まで行くと、パンダマークの引越社の小型のトラックが停まり、彼女の荷物が運び出されていた。

「副社長」

遊佐副社長が俺の車を見つけ、声を掛けて来た。

俺はゲスト用の駐車スペースに車を停めて、自宅にお邪魔した。

「あ…雅樹さん」

「荷物はまだあるの?」

「いえ・・・後はこれだけです」

「そう」

俺は彼女が持っていた段ボール箱を奪い、引越社のトラックへと持って行った。