今、令和二年―――九月の彼岸時、一人の赤ん坊が産まれた。
その娘は―――中谷凛と言い、とある病院で生まれた。
高校と大学を、楽しみにしており、とある仕事をすると決めていた。ある程度、大きくなったら、ファッションを営み、その上、格好良く生きたい―――。
そう思っていた。

あらすじ

令和二年の九月の彼岸―――彼女はとある病院で産まれると、中谷家に誕生した。彼女は凛と言い、小さき頃から、ファッションを営む事にしたい。此処の街には、色々な服屋が営んでおり、凛は友達と一緒に、ファッションで、バイトしていた。バイトしながら、自分はデザイナーとスタイリストをやりたくて、大きくなったら、ファッションを頑張ろうと思い立った――――。