―――あれから、一週間が経ち、バイトも捗っていた。アパレル関係の仕事として、今、ファッションショーをみてる所であり、綺麗な服を纏ったモデルさんが、沢山、沢山、歩いてきた―――。
ファッションショーは羽が付いていたり、ぴっちりしたワンピースを着たり、頑張っていた。モデルさんは、太っていては出来ない仕事で、一緒に仲間たちと共に、太らないようにしていた。太りたくはない。勿論、やせ細っても駄目である。モデルさんは、佐々木望は綺麗なふんわりとした、ピンクのドレスアップであり、綺麗な姫系ファッションだった。彼女は時々、姉系ファッションになる。痩せるには、運動と食事管理と、色々と考えなければならない。ファッションショーは、後、一時間後に始まり、凛たちはそれまで待っていた。凛はずっと直哉が大好きで、彼にプレゼントしようと思い立つ。彼女は直哉にジャケットを贈ろうと思い、緑色のチェックのパンツに合うように、茶色い上着を買ってあげようと思った。凛は緑のスカートを穿いており、御洒落を楽しむ。
ファッションショーはアメリカでも出来るし、緑色のパンツを穿く時もあり、黒いジャケットを着る時がある。アパレル関係の仕事をするには、色彩も大事であり、例えば、緑にはどんな色があるか、茶色にはどんなスカートが合うか、そう言った勉強をしていた。アパレル関係の服装をしており、いつか、自分の父親の店を、会社を守るために、会社に入ろうとしている。直哉はその彼女が好きで、彼はいつも凛の事を笑わせてあげたい。笑わせるには、愛情を持って接しなければならない。緑色と茶色が好きで在り、一緒に彼女はずっと、凛は直哉の事を愛しており、直哉と凛は日本に一度帰る事になり、そこで、父親の会社の様子を見に行く事になり、家族は飛行機のチケットを貰い、家族で帰る事になった。

―――また・・・一か月後に、帰って来る筈―――。