―――それから―――
彼女は高校を卒業する事になり、一緒に直哉と卒業する事になった。アメリカのアパレル大学に行く事になり、凛と直哉は別々の大学に行かなくてはならず、アメリカの小野恵は七川颯太も両想いであり、利恵ちゃんと中村正樹は互いに受入、大好きな人々達に、何時も迷惑を掛けて来たが、それが家族と言うものだ。凛はアパレル関係の―――アライブ!!!と言う、御店を作った。利恵ちゃんも、凛と一緒の大学に通う事もあり、利恵ちゃんは中村正樹と同じ大学に行った。同じ大学と言えど、彼は卒業してしまった。凛はアパレル関係の仕事が大好きで在り、父親の後を、継ぐことを考えたり、アマチュア小説家になったり、色々な仕事をできるようにして欲しかった。アマチュア小説家-――凛は眼を丸くすると、花火がチラッと画面に写り、優勝と出てしまった。あの、建築会社の物語も、色々な事を混ぜて作ったみたいで、アカデミー賞になりそうだった。だけど、他の物語も作る事もしたいし、趣味を確立させたい。彼女は―――凛はずっと大好きで在り、直哉とは別々の大学に行ってしまったが、それでも、2人は一週間に一度、会う約束をしている。
一緒に住みたい―――凛は直哉にそういうと、目をパチパチとさせた。凛たちは驚くように、凛は直哉に抱き着いた。少女漫画が好きで在り、色々と、ラブロマンスの小説が得意であった―――。
大人向けの大胆な漫画も、最近、増えており、凛はドカーンと書いてみた。すると、意外と面白いもので、凛はとても面白い、そう思った。あの時、凛と直哉は一緒におり、ずっと好きだった。
今、バレンタインの時期であり、チョコをあげようとした。
ホワイトデーを期待しており、彼女は家族に沢山、沢山、チョコをあげる事にした。それはとてもありがとう―――そう思っていた。