―――
令和の三月-――一人の女性の誕生日があった。誕生日になり、食事をする事になった―――。
今、アメリカの領土でもある、ニューヨークに来ていた。そこには、彼女の父親の別荘がある。
―――それから、彼女はバイトに行く事にした。バイトはとても楽しくて、高橋直哉と言う男性と、バイトに行く事になっていた。服屋のバイトはとても楽しく、お客様に『―――いらっしゃいませーーー』と言った。服屋の種類と好みを考えて、服と言うのは成り立つ。彼女はずっと一緒に直哉という、男性と高校に入ってから、一緒に付き合っていた。それは誰にも言っておらず、正樹はそれはを知っている。凛はバイトに行くと、専用の服を纏い、宣伝をしていた。正樹は大学生であり、今日は、直哉が誕生日をお祝いしてくれるのかと思っており、家族での食事だとは、聞いていない。彼女は―――凛は『―――何?私・・・用事があるって、言っているでしょう?』と言う。
凛はバイトの帰りに、食事会をする事になってしまい、彼女はずっと直哉が好きだった。
正樹の事は、兄貴みたいに、思っていた。服屋の仕事は、お客様の似合う服を選んだり、デザインとスタイリストの仕事もあり、その仕事をできるように専門学校に行き、アパレル事業をしたい。
バイトするには、面接をしなければならず、彼女は直ぐに受かったと連絡があり、早速、バイトに行けるようになった。服屋のバイトはとても楽しく、会社にでも入ったみたいで、父親から、『ミーア』と言う、服屋さんが神奈川県にあり、そこの服屋さんで働いていた。『ミーア!!!』という洋服は、イタリア人の服でもあり、日本でも通じるファッションでもある。
彼女は『―――ミーア!!!』と言う、ファッションを見ており、凛は高校に入る事になり、その為に、必死に勉強をしていた。

―――高橋直哉・・・好きで、付き合っていた。