―――彼女は直哉と一緒に、バイトから帰る所で、帰る支度をした。彼女はずっと好きで在り、直哉に慰めて貰った。電車の中で、2人は眠っていた。神奈川の横浜に住んでおり、色々と、駅から、かなり近い―――。彼女は―――凛はバイト帰りに、食事をしようかと思い、、居酒屋さんに行く事にした。此処の居酒屋さんは、泉陽介と菜月の『―――キスをあげよう―――』と言う、居酒屋さんに行った。此処の店はとても美味しく、とても楽しみにいしていた。彼女は子供がおり、一歳になる子を、背中に背負っていた。
『あら、貴方達・・・此処に来ていいの?お酒は・・・ダメだから、ジュースで我慢してね。』
その時、彼女はポロポロと涙が零れ落ち、直哉と正樹をどちらを選ぶか、悩んでいた―――。バイトをしながら、彼女は泣いてはいけない。そう思ってしまった。食事をするには、此処は、持って来いの場所でもあり、ファミレスで夕食をすませようとした。
直哉は『―――御前・・・兄貴と俺・・・どっちが好きなんだ?まだ検討がでないのか?―――。俺は兄貴より、ずっとずっと好きだと思っており、お前の事を守るのに、一番適していると思う。だから、俺は―――凛・・・お前と、一緒にいたい。』
彼女はドキッとすると、じわっと涙が零れ落ちると、『―――一緒に・・・ずっと、一緒に・・・いたい―――。』と叫んだ。此処の店で、ハンバーグを食べながら、話をしていた。
ずっと一緒にいたいと思うのは、直哉でもあり、正樹は兄のように見える。

―――私は・・・直哉が、好きよ・・・

直哉が好き―――