凛はアパレル関係の仕事をするのに、色々、直哉に教えて貰っていた。大人になったら、色々な他人と付き合って、結婚する事になる。その時には、子供を作る事になり、彼女はドキッとした。彼女は―――凛は高校生で結婚する事になり、大学に通って社会人になり、綺麗な服を作りたい、そう思っていた。此処の料理は、分厚い肉があり、其処には、ふわトロの、炒り卵があった―――。
ここのホテルの料理はとても美味しく、とても豪華な夕食で、凛と正樹は『―――太っちゃうな』と笑った。此処のグアムの料理はとても豪快で、伊勢海老のように、大きな海老が出るようだ。
伊勢海老はとても美味しく、バターと塩コショウスープに入れた。ここのお店はとても美味しい。
カニ料理が有名なスープ店があり、彼女は―――凛はとても楽しみにしていた。凛と正樹は結婚する事になり、一緒にアパレルの仕事を目指す事にした。彼女はずっと好きで在り、2人は笑った。
帰ったら、日本の居酒屋で飲みに行く約束をした。そこは―――泉陽介と菜月がおり、友達になった。良く、行く御店であり、色々な、面白い料理があった。カニ料理が有名な居酒屋でもあった。
此処には、温泉卵があり、それも美味しいものだった。2人は今、デートをしており、グアムの街を、沢山、沢山、歩いていた。グアムの料理はとても好きで、洋服も買ってみようか、と思った。
アロハシャツ見たいな服装であり、結婚式の時、とても綺麗なドレスを纏い、写真を撮りたい。
彼女達は観光地を回っており、色々な、お菓子を買ってみた。
此処のブライダルフェアに行くと、とても美味しい中華料理を出してくださった。ブライダルフェアは引き出物を考えたり、料理を考えたり、とても美味しいものを、料理してみたかった。

菜月と泉陽介は、何をしてるのか?

ちょっと、気になった―――。