遥《はる》か未来、古びた呼び方で40世紀初頭。


太平洋の真ん中で救難ポッドが1つ、
サルベージ船に引き上げられた。


クレーンで引き上げられた丸型の鉄の塊からは、
今もなを救難信号が発せられていた。


海洋法にもとずき救助されたポッドのハッチを、
船員が開いた時、腐った缶詰を開いた時のような
狂暴な錆《さ》びた臭気があふれだしていた。


顔をしかめながらも船員が中を覗き込むと、
底には死体のように横たわる女性が1人いた。



「女性が1人いる。
 これはダメだな」


そう言いながらも律儀《りちぎ》に中に入る船員。



同僚《どうりょう》がそれを見てとっさにたしなめた。



「酸欠《さんけつ》になるぞ。
 もう少し待て!」


「大丈夫だって」


そう言って飛び込んだ同僚を覗き込んだ船員が、
床で倒れた女性を膝に乗せている同僚にたずねた。


「どうだ?」


「ああ大丈夫だ。死んでるよ」


「あのな、お前」


「冗談だ。死んでるけど生きてる」



「どっちだよ!?」


「両方だ」


「ふざけてるのか!」


「いや、そうじゃない。
 こいつはアンドロイドだ。
 バッテリー切れだが、充電すれば多分生き返る」


「どうしてこんな所にアンドロイドが?」


「さあな。
 それはこいつ聞けばいい。
 もし生き返らなくても、
 内臓されたデータチップを解析すれば、
 どうしてここにいたのか解るはずだ」


「なるほどな。

 どっちにしろ、それは俺達の仕事じゃない。
 海洋保安局か特科か何かが調べてくれるさ。
 さっさと引き上げちまおうぜ!」


「だな」



だがこののち、
引き上げられた身元不明の漂流者は、
行方《ゆくえ》は知れない。

 
 

あらすじ

 あなたは自分の記憶が信じれますか

 謎の車両で目覚めた時そこは

 例えるなら深淵の底

 背徳と死が重なる場所


 つながり重なる死体、死体、死体

 頭蓋からしたたる鮮血

 記憶に無い死の車両

 ガラスに映る死の残影


 見知らぬ世界

 魂の沈む深海

 狂った怨嗟の呻き

 生々しき命の残骸

 累累と重なる死の墓場で少年が辿る真実とは。


この作品のキーワード
深海  ホラー  ミステリー  シリアス  サバイバル