…電車のホームは何でこんな寒いんだろ。。

今日はまだ、寒さはましかもだけど。

そう思うけれど

身体が小刻みに震える。

電車は、予定通りの時間に来た。

通勤ラッシュの時間。

押されるように車両に乗り込む。

背が150センチしか無い私は

人混みの空気に酔ってしまうような毎日で、
少しうんざりしている。

なら、早く起きて出ればいいじゃない。と
母はそう言うけれど。
私だってそう、おもうのだけど。

寒いし。。そんなの無理。。

わがままな自分に笑っちゃう。

ガタン!ガタン!

電車がカーブにさしかかった。
かなり車両が揺れる。
その度、周りの人とぶつかったり、必死に身体を支えないといけない。

…無理!無理!無理〜!!

そう思ってるうちに、次の駅に着いて
また、人が続々と入ってくる。

入ってくる人に押されて、また
どんどん奥に奥にいっちゃう。

ドン!

思いっきり私にぶつかった人がいた。

思わず

「イタッ!」

小さく声が漏れた。

「ごめん。。」

囁くように、私の頭あたりから男性の声が聞こえ
私は斜め下に顔を向け声のする方に少し身体を傾けながら、 目線を少しずつ上にあげ
声を出したであろう人の顔を見た。

あっ…!

息を呑みながら声が漏れた。
と、同時に私の心臓がトクゥンと跳ねた。

その男性は、制服をきていて、背はかなり高い。
180センチはあるのではないだろうか?

メガネをかけていて、 メガネの奥の小さな眼は、垂れ目の優しい目をしている。

その眼で私を見て微笑んでいる。

頭の中は、彼のデーターを取り入れようと、
必死にフル回転しだした。

だんだん心臓がドクっドクっと早くなり
胸がギュッーとなる。

心臓の音が彼に聞こえてしまうのではないかと思うと余計に鼓動が早くなってしまう。

初めて会ったのに何故なんだろ。ドキドキするけれど、彼の眼を見ていたら
不思議なくらい安心もする。

何故なんだろ?不思議。

…こうゆうのが一目惚れってゆうのかな?

はっ!と我にかえった
 その瞬間彼と目と目がしっかり合った。

彼の目に吸い込まれそうになりながら、
ボーっと彼を見つめた。

次の駅に着いて、
彼は、ニコッと微笑んで駅を降りた。

私もつられてニコッと笑みをうかべてた。

…やだ、私、恥ずかしい。変に思われて無いかな…。

彼の大きな背中を車両の中から見送りながら、電車が発車した。。

…また、会いたい。会えたらいいなぁ。