僕は彼女に、たくさんの幸せを貰った。


僕はその分、何かあげることができていただろうか。


音のない彼女に世界を聞かせてあげることができていただろうか。


幸せと、喜びと、大好きと、


たくさんの思いを込めて、


僕が知る一番美しい言葉を贈りたい。


「ありがとう」

あらすじ



駆け出し声優の鈴原海は、行きつけの喫茶店で、耳の聞こえない女性と出会う。

彼女は音大に通っており、将来はピアニストになりたいと語る。


声を武器に仕事をする海だったが、次第に音の聞こえない世界について考えていく。

声の無い会話。
初めて学ぶ手話。

そして、2人の夢…


正反対の世界にいたはずの2人の言葉が色んな形で交わる。


この作品のキーワード
ありがとう  ピアノ  聴覚障害  声優  音楽  手話  筆談