「かわいい」「天使みたい」「彼女になって」



いままで、散々もらった言葉。

人並み以上にモテたし

可愛くみせる方法も知っていた。



それなのに、

「お前、計算してるのばればれだから」

ある日、見透かした目で嘲笑われた。



.



かわいい至上主義の性悪ガール

広野 みゆ(Hirono Miyu)


×

少々口が悪めのつれないイケメン

和泉 しゅう(Izumi Shu)



.



意地悪で 最低で 大嫌いなはずなのに

気になっちゃうのは どうしてだろう。



「睨んだ顔は、けっこう好きかもな」

「少しくらい素直になれねーの?」

「仕方ないから、俺がそばにいてやるよ」







本当は 強がりで 不器用なくせに

ぜんぶ隠して、自分を偽る。

いじらしくなるほど 素直じゃない。


そういう部分を、もっと見たくなった。



「手、出さないんじゃなかったわけ?」

「気が変わった。お前のせいで」

「はあ?ムカつくんだけど」



どうせ、不服そうにするのだろうけど、


━━━━可愛くないから、キミがいい。











この作品のキーワード
胸きゅん  じれ甘  イケメン  口悪  美少女  天使  すれ違い  キス