蓮斗さんと正式な交際がスタートして、初めて迎えた月曜日の朝。私は専務室のドアをノックした。

「どうぞ」という声が聞こえたのと同時にドアが勢いよく開かれる。

ドアノブに手をかけていた私は「わわっ!」とバランスが前へと崩れた。咄嗟に彼が受け止める。

……というか、抱きしめられている?

彼から漂ういつもの爽やかな香りに包まれた状態で、顔を上に向ける。


「なんか甘い花の香りがする……香水?」

「いえ、つけてないです」


厨房に入るから、香水はつけないようにしている。だから、甘い香りと言われてもピンとこない。


「じゃあ、シャンプーの香りかな?」

「シャンプー? あー、使ってるのはフローラルブーケの香りがするのだからかな」


息がかかるくらいの至近距離で答える。視線が交わり、思わず目を瞑った。


「キスしていい?」

「え……あ、んっ!」


蓮斗さんは意外とせっかちなのかも。私の意思を確認するよりも先に行動してしまう。

この前のような触れるだけのキスではなくて、深くなっていく。

彼の右手は私の後頭部にあり、左手は腰にある。ガッシリと押さえられているから拒めない。