毎朝専務室に行っていたのも終わりにさせてもらおう。

蓮斗さんへメッセージを送る。

『今後は専務室に行きません』

毎朝業務前に専務室に行き、蓮斗さんとコーヒーを飲むのが日課になりつつあった。

まだ一週間しか続けていなかったが、穏やかな朝だった。

蓮斗さんからすぐに返信が届く。

『できれば、来てもらいたい』

私は返さず、メッセージアプリを閉じた。もう蓮斗さんに関わらないと決めたのだ。


そう決めたのに……彼はなぜ毎日私の前に顔を出すのだろうか。


「野崎さーん、専務来ましたよー」

「え、また?」


社食でバイトしている女性に呼ばれて、私はのろのろ動く。

私が専務室に行かなくなったからなのか、蓮斗さんは社食に毎日通うという有様だ。

一応日替わりランチを食べに来ているのだけど、食べ終わると毎回私を呼ぶ。

食べた感想を伝えたいというのだけど、私としては顔を合わせたくない。

でも、専務に呼ばれたら行くしかない。コーヒーを淹れたカップをふたつ、手にして彼の前に座った。

専務命令で私にコーヒーを要求するとは、ずるい。