君に最後に会ったのは
去年の夏休みだったね
君が老いてきているのは
分かっていたけど
あんなに早く
サヨナラが来るなんて
思ってもみなかったよ

あれがサヨナラの手前だと
分かっていたら
もっと君と一緒に
過ごせたかな
エサを食べるのも
つらそうな
君だったから
私もサヨナラの手前だと
気づくべきだったね

8月の末、わたしは
「またね、ロッキー」と
言って君のことをなでたね
真ん丸な瞳で私を見つめた君は
何を言いたかったんだろう

散歩をしていて、ミニチュアダックスを
見るたび、君のことを思い出すよ
君は大空を駆け巡っているかな
9月末、君は空に旅立ったね
君が大好きだったパパと
同じところに行ったのかな
2人で仲良くしているのかな

サヨナラの手前に
君に笑顔を見せられたこと
私は嬉しく思っているよ
君には笑った私を
覚えていてほしいから

*fin*

この作品のキーワード
愛犬  老犬  ダックス  小型犬  真ん丸な瞳  笑顔を見せた  伝えたい想い  サヨナラ  思い出す