「必ず迎えに来るよ」

「本当に?」

幼い頃の約束。きっと覚えていないし叶うこともない。

でも、もしかして…。そんなことない…?

そんな花菜の前に、約束をした人が突然現れたら?


泣き虫だった私がひとり心の中に温め続けて数年。

約束してくれた『お兄ちゃん』との再会は嬉しい。

担任の先生と生徒という関係ってどうなの!?

でも、約束したんだもん…。そして私も決めていた。

どこまでも一緒についていくよって!!

~~~~~~

文芸部の後輩:松本花菜ちゃん
文芸部の顧問:長谷川啓太先生

最初に見たときから、どうもギクシャクして
何かあるなぁと思ったのよね、このふたり。
まさかそんな過去があったなんて……。

でも、よく頑張ったと思うよ。
守り抜くには勇気と覚悟が必要だったはずだから。

二人三脚だからできたんだよ、ね? 花菜ちゃん?

(文芸部部長、岡本夏紀より)

~~~~~~

前作「あなたのやり方で抱きしめて!」と
対になって企画された本作も新装版として
登場です。
二人のやり取りの変化から、きっかけの
約束だけでなく徐々に人生のパートナーへ
変化していく「生徒と先生の恋愛物語②」
をよろしくお願いします。

あらすじ

父親を病で亡くし、放課後に勤める市立図書館でのアルバイト代から高校の授業料を払っているという私、松本花菜には誰にも話していないことがあった。

別れ際に「お兄ちゃん」が、私のことを必ず迎えに来てくれると指切りした約束を待つこと。

そんな私の前に、お兄ちゃんは意外な形で現れた。

嬉しい!…だけど、担任の先生と生徒の私の関係。みんなに卒業まで知られちゃいけない! …でも…、きっと難しいよね??

この作品のキーワード
先生と生徒  幼い約束  禁断の恋  卒業まで秘密  勇気と覚悟  永遠の誓い  相互視点