★★★★★
未来へと繋がる結末がとても良かったです
ササメさんが公言していたとおり、ダーク要素満載のラブストーリーでしたが、巧みな心理描写にとても惹き付けられました。

互いに同じような柵や闇を抱えていたからこそ共依存しあう光莉と水樹。不安定で曖昧な関係のなかで、様々な葛藤や問題にぶち当たり、そして汚れの中には身を沈めてしまっても、心だけは綺麗なまま、互いを求めて彷徨っていた気がします。

最後の結末については受け取り方は人それぞれかと思いますが、私的には温かくハッピエンドかな、と。いや、すべての柵から解放されたふたりにとっては、ここからが始まりなのかな。これからふたりで本当の幸せを求めて、自由に羽ばきながら、手を取り合って生きていってほしいと思います。

今までとはテイストが違うササメさんの新たな世界観を堪能できて、楽しかったです。素敵な作品を紡いでくださり、ありがとうございました♡
結城ひなた
20/10/24 10:27

>>新着レビュー一覧へ