結局、銃創が原因で高い熱が出てしまい、秋吉先生に年内一杯は入院継続を言い渡されてしまった……。

あれからレイは現れず、ひと言も話してない。


(それで、いいんだ……これ以上関わるとつらさが増すだけだから)

一時の、華やかな夢物語だった。

所詮平凡以下の私には相応しくない、別世界の
住人なんだから。

(休み明けになったら……会社に辞表を出さないと。それから、実家に帰る準備と……)

頭の中だけでは足りず、ノートを広げてすべきことをリスト化する。物覚えが悪い私が、香澄に言われて始めたことだ。

そういえば、会社を辞めるまでの住まいはどうしようか。
ああ言った以上、退院したらすぐに荷造りして出ていかなきゃならないだろうな。

(ウィークリーマンションっていくらだろう……)

スマホで家賃の相場を調べようとして、メッセージが入ってるのに気づいた。

“やっほ~年明けに辞表を出して実家に帰ることにしたよ”

相手は香澄で。まったく同じ考えかたをしていたことを伝えると、“うちら、めっちゃソウルメイトじゃない”なんて、高校生のような軽いノリのメッセージが来て、暗く重い気分が少しだけ楽になった。

“失恋って理由も一緒だね”ーーこう送ろうとして、指が止まった。

香澄は何もかも自分で選んだ。それに対して、私は流されてきただけで……。

それに、彼女には新しい命が宿ってる。

独りぼっちじゃない。

その違いは、小さいようで大きくて。

やっぱり、私と香澄は違ってた。