ふたりの交際は数年続いていた。

悠里と付き合うようになり、今までの可愛い容姿に落ち着きまで加わり、夕輝は相変わらずの人気だ。

西園寺カンパニーは一流の秘書の派遣会社として、遥の手腕で業績も信用も右肩上がりで、悠里も遥と忙しくしている。今やベリーヒルズビレッジでは、なくてはならない会社として有名だ。

夕輝の父親も西園寺カンパニーから秘書を派遣してもらっている位だ。

そんな中、西園寺カンパニーには新たな依頼が…
国内最大手の製薬会社の神宮寺製薬の御曹司で副社長の秘書の依頼が来たのだ。

条件に合う人物がいなくて、社長である遥が秘書として派遣先に行く事になった。そして、新たな運命の歯車が動き出す。

そして、時を同じくして夕輝の親友がドイツから帰国すると悠里は聞くことになる。

まさか、神宮寺製薬の御曹司が夕輝の親友だとはこの時は思わなかった。