恋はしようと思って

するものじゃなくて



きっと、

いつの間にか始まってる









『柚木、俺、好きだよ。

柚木のこと、好きだ。』



ーーずっと自分の気持ちに蓋をして

ずっと隠し遠そうとしていた君ー…








『うん、柚木の言う通り。

俺、彼女が出来たんだ。』



ーーそう最上級の笑みを見せながら

私を暗くて深い奈落の底に落とした彼





私達は

誰かの為に嘘をつく




誰かの幸せを願いたくて

自分をこれ以上、傷つけたくなくて





私達の誰が一番

「嘘つき」だったのかな







『好きだよ』



4文字で紡いだ嘘で

私は誰を幸せに出来たのかな