「千歌ちゃん、今日の放課後空いてる?みんなでいっしょにー…」

「…ごめん!今日は用事があるだっ」


あたしはそう言って、クラスメイトからの誘いを断った。


「…そう。それじゃあ仕方ないわね。また都合がいい日にでも」


と残念そうな顔をするクラスメイトだけど、あたしに背中を向けたあとに「なによ、忙しそうなフリして」という言葉が聞こえてきた。