〝母性、善、理性、そんなものがあったって、私は幸せになれない、そんなものに遠慮して自分の心を封じるなんて、自分一人が負けを認めるみたいじゃないか。
 誰も私を理解してくれないなら、誰も私を守ってくれないなら、誰も私を愛してくれないなら、私は、自分で自分を愛するだけだ。〟

 家族、母性、父性、理性、性善、性悪...人の心に渦巻くものを、こうあるべきという価値観から離れてみたら、自分が同化することの出来ない人物に寄り添ってみたら...人にはそれぞれ、その人の真実があるから...そんなことを考えて書いてみました。

久しぶりの作品です。
温かい目で読んでいただけたら嬉しいです。
宜しくお願いします。



この作品のキーワード
母親  父親  家族  姉妹  裏切り  略奪  不倫  毒親  初恋  AC