最年少監察医は俯き、ゆっくりとその過去を話す。多くの人間が衝撃を受ける暗い過去を……。

「これでも私を、今までと同じ目で見られますか?」

「俺は……」

探偵はその過去に驚き、監察医の上司はただ黙っている。







「人生とは出会いと縁と別れです。出会ってから別れるまでの間に嬉しいことや悲しいことがあって、それを無事に越えていくことが生きるということ」



この作品のキーワード
最年少監察医  過去  両親  殺害  大切な人  アメリカ  ブローチ  犯罪組織  銃撃事件