「こんなめでたいことはないわ!!」

缶ビール片手に、ほろ酔い気分(いや、どちらかというと、泥酔にちかい)で、最愛の彼、圭一に絡む。

「学生の頃から、子どもは欲しいけど、絶対に結婚はしないって言ってた親友が、少し前についに結婚したのよ!!」

「前に、居酒屋で綾と飲んでいた子?」

「そうよ、そう。ああ、あの時の圭一は、まだ恋人未満君だったわね」

〝そんなふうに呼ばれていたのか……〟と、少しだけ沈む圭一の肩を、バシバシと叩く。

「あれ?あの直後に籍を入れたとか言ってなかったか?」

「そうなのよ。それはそうなんだけど……まあ、ちょっと、あんた!!長くなるけど、今夜は私の語りに付き合いなさいよ!!」

「はいはい」

予め、今夜は絡むからと宣言していたこともあって、圭一はめんどくさがらずに聞き役に徹してくれる。
こんな私でも〝好きだ〟って言ってくれる圭一は、私の最後の男だって確信してる。だから、ここまで自分を曝け出せるというもの。