一つ先を視れば
渇きを覚え

二つ先を視れば
飢えが襲う

十の先を視れば
血を欲し

そして

百の先を視れば
鬼となる

―――気をつけなさい

人の目に闇の先は見えぬもの

闇の先が見えるのは
人ならざるものの所業

さあ――戻れなくなる前に

その目を閉じなさい

この作品のキーワード
    和風  黒髪  禁忌  田舎  恋愛  呪い