翌日、早速婚姻届を提出したふたり。

友哉が誠に連絡する。

「もしもし」何故か後ろが賑やかだ。

「あっ、誠。賑やかだけど、今大丈夫か?」

「プッ。賑やかなのは、兄貴の家族だよ」

「はあ?誠、まさかまだ実家に引き留められてる?」

「違うよ。昨日、兄貴達が帰ってから、遅くまで盛り上がって、皆さっき起きた所。俺が図々しくまだお邪魔してるんだよ」

「ならいいけど…彰の家族は?」

「それが、昨日兄貴達と入れ違いで彰さんが帰ってきて皆で盛り上がって、泊まってるよ」

「はあ?家すぐそこだろ…」

「めちゃめちゃ楽しましてもらってる」

後ろから、
「電話、友哉か?」と確かに彰の声がする。

「で?昨日の今日で、何かあった?」鋭い誠。

「ああ。愛莉と婚姻届出したんだ」

「マジで?!やるじゃん兄貴!」珍しく誠が興奮する。

またまた後ろからは皆が、
「「何?」」「「どうした?」」と大騒ぎしている。

「兄貴と姉貴が婚姻届出したらしいです」と誠が報告する。

「マジで?」「きゃ~」「ヤッター」などと聞こえてくる…

「兄貴、おめでとう。姉貴にも言っといて!何かこっちは、今からまた宴会するらしいから切るな」と電話は切られてしまった。