2階の部屋に戻る時、隣の弟の部屋から、英単語を覚える声が漏れ聞こえた。

謙太郎は、2人兄弟。
弟は高1で謙太郎より偏差値の高い高校に行っている。
しかも大学の付属ではないので受験しなければいけない。
弟は小さい頃から医者になりたがっていたし、父親の職業を強い憧れを持って見ていた。
それは高校生になって余計に現実的になった。医学部に向けての努力をし続けている。
私学の附属の医学部推薦、しかもそれも最近は嫌だと言い出した兄に対して、複雑な気持ちなのも当然で、最近はあまり仲良くなかった。
弟が謙太郎を一方的に避けている。

謙太郎は弟の部屋をノックしてドアを開けた。

弟は机に向かっていたが、顔を上げて

「何?」

と言った。謙太郎は、

「最近、気づいてると思うんだけど、」

ときりだした。