誰かが見ていても謙太郎は気にしない。

「吉田と川上とカラオケ行くけど、響も来いよ」

謙太郎は両手で響の顔を包むように持って、響の頭を動かす。
親指が唇に少し触れた。
響は無理に仰向いていて、謙太郎の指はゆっくり響の唇をなでた。
謙太郎は自分も前かがみになって、響の頭に息がかかるぐらい近づいて、顔を傾けて響の顔覗いた。

いや、この姿勢は流石にまずいよ。
横の人も焦って、見ないようにしてる。

とにかく、うん、と頷いて、何とか謙太郎の手を離そうとギュっと手を握った。
そうしたら今度は指を絡めてきて、何だか私達、手まで繋いでる。

教室の生徒がチラチラこちらを見てる。

謙太郎の手を振りほどいて、響は机を少し前に動かして謙太郎から逃れた。

うるさい心臓を落ちつかせて、距離を開けて、

「カラオケ?」

と聞き直した。