日曜日は晴天だった。
「このまま梅雨が明ければいいのにね」
 私が言うと悠馬は大げさにうんざりしでみせる。
「俺、練習不足で禁断症状が出そうだよ」
 私はくすくすと笑った。
 午前九時のクリスタルロードを二人で歩いている。映画館以外は十時開店だから、まだちょっと人はまばらだ。
 私はお気に入りのサンダルを鳴らしながら悠馬の隣をウキウキとして歩いた。
 Tシャツにシャツを重ね着して、ボディバックをななめにかけた今日の悠馬は、すっごくカッコいい。
 ラフな格好でもやっぱり王子様は王子様だって思う。
 あまりじっと見るのは恥ずかしいけど、よく目に焼き付けておかなくちゃ。今日は悠馬が私だけの王子様でいてくれる最後の日なんだから。
「せっかく晴れたんだから、練習したかったんじゃない?だとしたらごめんね」
 私が言うと、悠馬は「いいよ」と言って首を横に振った。そして私を見て、少し考えてから口を開いた。
「るりって、ワンピースが好きだよね。この前もワンピースだった」
 今日の服は、キャンディ柄のワンピース。これも夏に向けて買ってもらったばかりのお気に入りだ。
「うん、楽だから。上と下別々だと、色が合ってるかとか柄がバラバラだとか、いろいろ考えなきゃいけないでしょ?その上バッグに靴に…とか考えてたら頭がこんがらがっちゃうの」
 私が言うと悠馬は、はははと声をあげて笑った。
「るりらしいや」
「え?なに?どう言うこと?」
 悠馬は私をチラリとみて知らんぷりをする。口元がニヤニヤとしている。
 私はますます気になって悠馬のボディバッグを引っ張った。
「ちょっと、悠馬」
 悠馬は私の追求なんか怖くないぞという余裕の表情で、それでもまだニヤニヤとしながら口を開いた。
「るり、小さい頃から全然おしゃれには興味がなかったじゃん。洋服はたいていおばさんが適当に買ってくるやつをこれまた適当に着てるって健二が言ってた。さすがに中学になってから一緒に買い物に行くようになったけど、途中で飽きちゃって、ベンチで待ってるっておばさんがなげいてるって」
「な!なによそれ!」
 私声をあげて、もう一度ボディバッグをひっぱる。健二の奴、なにをバラしてくれてるの!
 許せない。