「君さ、また俺に敵わなかったんだな」


私たちの始まりは最悪で

顔が良くても性格が最低な彼のことを

絶対に好きにならないと誓ったのに───



「そんな表情されたら
余計に手を出したくなるんだけど」


不意打ちで迫ってきたり

手を出してきたり。

気づけば彼に流されてしまう自分がいた。



────────────

藍原 汐音(あいはら しおね)

×××

霧谷 瑞樹(きりや みずき)

────────────





「どうして顔が赤くなんの?」
「……知らない」


絶対に

この気持ちを恋だと認めてはならない。




頭ではわかっているけれど


ゆっくりと、確実に、堕ちてゆく。




○愛恋のキス○



この作品のキーワード
甘々  独占欲  胸キュン  高校生  愛恋  キス