「……え、あの?」

あまりに納得がいかず、口をとがらせた。私ばかり先へ進もうとしているみたいで恥ずかしくなるが、彼だって瞳に火が灯り、情熱的になっている。

どうして、ここで止めちゃうの?

「午後からどこか出掛けようか。買いたいものとかあるだろう?」

「あ、はい。まあ……」

ソファから立ち上がる彼を目で追い、私も同じく腰を上げる。

映画はエンディングが流れており、彼がリモコンでブツンと消した。

すぐに深い関係になろうとしないのは、私を大切にしてくれている、という意味なのだろうか。昨日はグッと近づいたと思ったんだけど。

……あと二週間あるから、もう少し、待っていればいいのかな。