超イケメン俳優のあなたは、みんなの憧れの王子様。


名前は、漣 亜希斗(さざなみ あきと)。


世間からはいつも注目の的で、テレビやスクリーンの中で、誰よりもキラキラ輝いてる。


私はそんな亜希斗さんを陰で支えるだけの、地味な眼鏡女子のマネージャー。


ちょっとミーハーだけど、自分に全然自信の無い、めんどくさい性格。


そんな私にとって、あなたはもっとも手の届かない遠い人…


だと思ってたのに!!


ある日突然、マネージャーなら『俺の全部をお前に任せるから、身の回りの世話をしてくれ』って、一緒に住もうと言われ…


私は、彼女や奥さんじゃないんだからね。


なのに…


『断るって言う選択肢があるとでも思ってるのか?黙って俺に従え』って…


めちゃくちゃ強引だよ…


『側で俺のこといつも見ててくれ…お前がいれば頑張れる』


憧れの漣 亜希斗の甘い言葉の連続に、私の胸はどんどん高鳴っていく…


華やかな芸能界で、たくさんの仲間に囲まれ、静かだった私の人生の歯車が予想外の方向に回り出す…


お願い…


このドキドキ…


誰にも気付かれませんように…

この作品のキーワード
大人の恋  身分差  溺愛  秘密  嫉妬  同居  眼鏡女子  結婚  イケメン  独占欲