仕事が欲しい没落(寸前)令嬢と仕事が趣味な皇子の
夜会から始まる関係……!?

あらすじ

煌びやかな宮殿では夜会が開かれていた。
『山の国』の男爵令嬢メリッサは、壁の花となりながら思っていた。帰りたい――が、帰るわけには行かない、と。
やり繰りをして出て来たこの夜会で没落(寸前)から脱却する為、『金の国』の皇子と面識を得なければ! 何とかお仕事の交渉を……! ああ、でもだけど、あらあらウフフと皇子を囲むご令嬢たちの壁は厚すぎるし靴擦れは痛いし、ここは一時退却で作戦を立て直し――って!?

この作品のキーワード
短編  恋愛  令嬢  皇子  西洋風  ハピエン