なんだろうと思って振り返った矢先、リリアは、「うわっ、なんだこれっ」とよける令息達の姿と――そして、泣きっ面のもふもふ狸の顔面が、目に飛び込んできた。

「姫様ぁ――――――っ! うぅ、こんなところにいたんですね! うわああああ人間の学校で広すぎて分かんないっ、もうすごく会いたかっです!」

 半ばバニックになったカマルが、狸姿のまま人間の言葉をぎゃんぎゃん言ってきた。

 喋る狸が出たと、周りの生徒達は大騒ぎしていた。しかも人間っぽい喜怒哀楽があって余計に怖い、とにかく可愛いやら不気味やらで怖い!と混乱している。

 リリアも突然のことで混乱した。

「うわあああぁぁ!?」

 真っ直ぐ自分のもとへ大ジャンプをしてきたカマル目掛けて、直後、驚きのあまり狙いを定めて放電していた。

 ずどーんっ、と一瞬眩しい光が放たれた。

 それがやんだのち、掲示板にぴったり背中を付けているリリアと、廊下に突っ伏しているもふもふ狸の姿があった。

 固唾を呑んでいた生徒達が、ゆっくりと後退し始める。

 と、またしても若干焦げたカマルが、よろよろと小さな右前足を上げた。