それから二週間、リリアは王都へ行かなかった。

 学院で選択していた残りの分の授業日程は、ついでに取っておこうかな、と思っていた資格の科目。父ツヴァイツァーも、領地の外に出掛ける社交もなくて――。

 ただただ屋敷でゆっくりと過ごした。

「珍しいですよねー。姫様が、今度は無断欠席ですか」

 二週間と一日目、アサギが昼食後のティータイムで言った。

 リリアは、ちらりと考えてから、なんでもない風にティーカップを口元へと運んだ。フィンには秘密にしておいてとお願いし、家の誰にも教えていない。

「なんか、考えるのも疲れちゃって」

 最後に学院へ出た時にあった、公爵令嬢アグスティーナの件。そのあと、らしくない乙女ちっくな赤面を晒してしまった一件……。

 あのパニックの一件については、間を置けば、みんなの記憶から薄れてくれるだろう。

 ただ、婚約うんぬんの件だ。それについて指を向けられ、噂され……それも含めて、令嬢達にまた何か色々と言われるんだろうなと思ったら、ちょっと精神的な回復時間が欲しくなったのだ。