花火と大好きな貴方

あらすじ

詩です。

目次

この作品のキーワード
  現代社会  日常