家族がぎこちなくなったのは
私のせい?
だけどそんなものに
いちいち心を痛めていたら
毎日を消化できない




それでも自分の存在理由がわからなくて
ときどき消えたくなってしまう衝動を
止められなかったんだ




入学した高校で隣の席になった男の子は
明るくて優しいクラスの人気者
関わることのない
対極の世界の人だと思ってた




駅のホームに飛び込みそうになった私を
助けてくれた女の人も
ただの通りすがりのはずだった




でもほんとうは
15年前のあの日から
すべてが繋がっていた





私は恥ずかしいほど
なんにも知らなかったんだ





たとえ私たちが
痛みと痛みで繋がっていたとしても
あなたは私の、生きるそのもの



この作品のキーワード
運命    泣きキュン  いじめ  純愛  過去  切ない  生きる